顔のたるみ対策にはこの成分が効く!

顔のたるみは、筋肉が弱まったことでできる例も
ありますが、日頃から浴びる機会が多い、紫外線の
影響も深く関わっています。

ダメージ

顔のたるみに効く成分を理解するには、
この紫外線のダメージで減少したものを
取り入れるのがポイントです。肌のたるみを治療するには・・・

たるみ対策方法は?

これらが含まれたスキンケア化粧品を用いたり、
サプリメントで栄養補給に努めてみましょう。
また美容皮膚科のおすすめ治療のフェイスラインのたるみに効果がある美容皮膚科のウルセラやご存知でしょうか?そのほかマリオネットラインの改善に効果的な美容皮膚科のサーマクール治療もあります。

たるみができるしくみ

紫外線ダメージを受けると、皮膚の中に存在する
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった
成分が減少します。

これらは肌にハリや潤いを与える存在として
知られており、減少してしまえば皮膚の乾燥が進み、
ハリが失われていきます。

それに伴って、たるみが発生するという仕組みです。
乾燥が進むことで、たるみと同時にシワも増えてきます。

また、これらの成分を活性化させる存在として、
ビタミンCやレチノール、アスタキサンチンも
補給してあげると、効率よく顔のたるみ解消を
実現できるようになります。

スキンケア

どちらにせよ継続的にケアをすることが重要です。

語源はロブスター!活性酸素を抑えるアスタキチンサン

アスタキサンチンは緑黄色野菜などに含まれるβ-カロテンと同様のカロテノイドの一種で、エビやカニなどの甲殻類に多く含まれています。

エビやカニなどの赤い色素の成分が、アスタキサンチンです。

赤い色素が鮮やかな甲殻類としてロブスターがありますが、ロブスターの属名はアスタクスです。それがアスタキサンチンの語源となっています。

アスタキサンチンは強力な抗酸化作用を持ち、活性酸素を抑える働きがある成分です。

活性酸素は加齢や生活習慣の乱れやストレスなどで増加する物質で、老化現象の原因となります。

細胞を酸化させて錆びさせるという厄介な性質を持つ物質です。

活性酸素が増えることで、たるみやしわやシミなどの肌の衰え、骨がもろくなる骨粗しょう症、血管の衰えで引き起こされる動脈硬化や糖尿病や高脂血症などの生活習慣病、薄毛や抜け毛や白髪、体力や免疫力や筋力や新陳代謝の低下、視力や聴力の衰えなどの老化現象につながります。

健やかさや若々しさを維持するためには、活性酸素を抑えることが重要なポイントとなります。

そこで役立つのが強力な抗酸化作用で細胞が酸化して錆びていくのを抑制してくれるアスタキサンチンです。

アスタキサンチンを積極的に摂取して、老化防止に役立てましょう。