下まぶたに影クマが!それは顔のたるみが原因かも!

すっきり

下まぶたにできた黒い影クマは顔のたるみが原因です。

元々目の周りの皮膚は薄いので、トラブルが起こりやすいのですが、
あまり筋肉を使う部分でもないので筋力が低下しやすいですし、
加齢が原因で肌のハリや弾力をもたらすコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸が減少することで、顔のたるみとして現れるわけです。

本質的に影クマを解消するには、筋力をつけてコラーゲンなどの
ハリをもたらす物質の生産力を上げることになりますが、そう簡単に
コラーゲンの生産を増やせません。重たい

日本人は欧米人に比べて顔の表情が
乏しいと言われているので、筋力低下が
影クマの原因の要素の多くを占めている
可能性が高いです。

そこで下まぶたを積極的に動かすような
トレーニングをすることで
だいぶ改善するはずです。
それでもダメなら美容皮膚科などでしかるべき治療をすることです。

最近では切らず光を照射することで、自分の肌力を一時的に高めて
ハリをアップさせる方法もあるので、検討してみるといいでしょう。