顔のたるみをレーザーで治療する

顔のたるみを取り除きたいと考えた場合、美容外科での治療を
受ける事がおすすめです。

ただ、美容外科での治療の場合、顔に傷跡が残ってしまうのではないかと
不安に感じる人もいるでしょう。

顔の皮膚を切り取る形でおこなうフェイスリフトの治療の場合、
縫合した傷が残る事になります。

縫合は前髪の生え際に沿って行われる為、前髪をおろしていれば
目立つ事はありませんが、些細の事で、傷跡が目立ってしまうのでは
ないかと不安になってしまう可能性もあります。

かわいい

それに対して、傷跡が残らない状態で顔のたるみを解消出来るのが、
レーザーによる治療です。

顔のたるみの原因のひとつに、肌の中のコラーゲンの減少があります。

レーザーや光による治療は、肌の中のコラーゲンを増やしていく事で、
若い頃のようにハリと弾力のある状態を取り戻していく方法です。

フェイスリフトのように1回で大きな効果を実感できるかといえば
そうではなく、ハリが戻った事で引き締め効果を実感できる治療で、
顔のたるみがかなり改善されたと感じるまで5回前後は
美容外科に通う必要があります。幻想

勿論、顔のたるみの状態は人それぞれで、始めた時の状態によって
回数は変わります。

更に、治療後も、時間が経てばまた、肌はたるんでいく事になる為、
良い状態を保つには年に1回から2回は通う必要があります。

ただ、それでも顔に傷跡が残る事がないので、周りに気付かれない状態で
顔のたるみ治療が出来ると人気になっています。

顔のたるみ治療に有効な成分は?

うるおい

シミやしわだけでなく、顔のたるみは、見た目年齢が
上がりやすいため、気にする人は多いのではないでしょうか。

顔のたるみはどのようにして起こるのでしょうか。
また、どのように治療すればよいのでしょうか。
顔のたるみは、いくつか原因が考えられますが、
大きく考えると、肌の弾力の低下や顔の筋肉の衰え、
猫背などの姿勢の3つが挙げられます。

肌弾力の低下というのは、肌のコラーゲンや
ヒアルロン酸といった成分が紫外線や生活習慣、
乾燥や加齢などで減少していくことで起こります。
また、表情筋などの顔の筋肉の衰えや、姿勢の悪さが
顔の皮膚や脂肪を支えられなくしたり、頬を下に
引っ張ったりして、顔にたるみを作る原因と
なってしまいます。

ところで、この顔のたるみを治療するにあたって
注意すべき点は何でしょうか。

慎重に
顔のたるみを治療するとき、最も気を付けなければ
いけないことは、原因に合わせた治療を行うことです。

生活習慣などで顔のたるみは起こりますが、そのたるみが
皮膚のたるみであるのか、むくみが原因となっているのか、
あるいは別の原因があるのかで方法は変わってきますし
効果も変わってきます。

さて、たるみに有効な成分にはどんなものがあるのでしょうか。

有効な成分の多くは、食事だけでの摂取が難しいため、
サプリメントを利用するなどして、補う方がよいのですが、
ヒアルロン酸やコラーゲン、コエンザイムQ10のほか
ビタミン類などを摂取するとよいでしょう。

特に、ヒアルロン酸やコラーゲンは、肌の保水力やハリ、
潤いに関わってくるので重要です。

また、ビタミン類の中でも、ビタミンB群は代謝を促進し、
肌トラブルの予防効果があるので、積極的に摂取しましょう。