顔のたるみの主な原因とは?

顔のたるみが出来ると、顔の印象は一気に老けて見られる事になります。
そんなたるみの主な原因は、肌の中のコラーゲンの減少と、表情筋の衰えです。遠くまで

肌の中のコラーゲンは20歳を超えた頃から
徐々に減少を始め、加齢によって大きく
減少していく事になります。

更に、紫外線を浴びると、肌の中のコラーゲンは
破壊され、それによっても肌はハリと弾力を
失っていく事になります。

ですから、コラーゲンを守る、コラーゲンを増やす事が重要になってきます。
そしてもう一つ重要になってくるのが、表情筋です。
表情筋は表情を動かさないと衰えていく一方となります。

ですから、顔のたるみを予防したいと考えたら、表情をしっかりと動かす
フェイスエクササイズを行う事がお勧めです。

つや

たるみが気になると、皮膚を引き延ばそうとする人は少なくありませんが、
皮膚を引き延ばすと、余計にたるみやすい状態となるので、
たるみ改善には、内側の筋肉を鍛えるフェイスエクササイズを
していく事が有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)